//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2019.09/22 (Sun)

【プレリリース】トートネクロ

トートが3枚手に入ったので、触ってみました。
91yRwjDaxML_SY355_.jpg

・・・

結論:中堅
理由:リーサルが遅い。かといって対応力が高いわけでもない。

* トートネクロ
無題
デッキコード:c9b9

■ 概要
トートを軸としたリストを組み上げる上で最大のポイントは「ラストワードの回数」を如何にして稼ぐか。
この回答として、新カード「ナテラの大樹」を準備しました。
また、トート軸2番目のポイントとして「ゲームスピードを早める」がありますが、これについても触れます。

■ ナテラの大樹軸のメリット
2f3db986128258b2cf1fa87f9d23c249.jpg

突然副題を回収しますが、ナテラの大樹軸のメリットは能動的にラストワードを起動出来ることです。
ラストワードというのはその性質上、受け身な性能です。
相手からすれば処理しない選択肢もありますし、さらに言えば処理するタイミング、処理の方法を選べる余裕があります。
場に放置できないほど強力なラストワードフォロワーの展開する戦略は考えられますが、
そうすると1枚あたりのラストワードが重くなってしまい、トート条件の10枚を満たすには速度が足りません。
エンジェルシュートなど、消滅系カードの裏目が大きくなることも気になります。

ナテラの大樹は同時リリースの、コープスドックやネクログループルベル、イモタールエレファントといった自然カードと
シンプルにシナジーを形成でき非常に扱いやすく、安定したゲーム展開を厚くサポートします。
もちろん、それらに効率よくアクセスできるワンダーシェフの存在も忘れることはできません。

■ ゲームスピードを早める
ラストワード軸でありながら、前向きにゲームを締めるプランが必要です。
先ほど紹介したイモータルエレファントに加えて、アイシャを採用しています。
ネクロは現状ゴーストとアイシャ以外にまともな疾走フォロワーがいないので、
この枠についてはアイシャに落ち着くと思います。
1405d7d465c82152e125a89b8f13a714.jpg

ハデスも試しましたが、上ブレカードといった印象です。
大樹と冥府で盤面を2枚埋めてしまうのが痛い。
ゲームスピードを速める要求に対しても、適用がない気がします。
スポンサーサイト



20:31  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03/30 (Thu)

【初日雑感】TEMPEST OF GODS

本当に雑感。

・・・

触ってみた感じ、『ランプドラゴン』『アグロネクロ』は頭一つ抜けていると思います。
それだけです。

後はカードを再評価して話し終わります。

■ ニュートラル
《ワイズマーマン》 攻め気のデッキなら大筋のシナジー無視して採用してもそこそこ強い
《風の軍神 グリームニル》 エンハンスが想像以上に強い
《イスラーフィール》 スタッツが平均以上で猿でも使える

■ エルフ
《エルフクイーン》 スタッツが高く使いやすい
《ビートルウォリアー》 相手も対処しないといけない。エルフにしては珍しく中盤に軽くジャブを入れられるカードなので貴重
《蔦の魔弾》 ルーンほどではないけど選択肢としては悪くない

■ ロイヤル
《円卓の騎士 ガヴェイン》
《キャプテンリーシャ》 これがないと除去がきつ過ぎる

■ ウィッチ
《マジカルガールメルヴィ》
《変異の雷撃》

■ ドラゴン

《ラハブ》
《水竜神の巫女》
《ラースドレイク》
《ライトニングブラスト》
《ウロボロス》

■ ネクロマンサー

■ ヴァンパイア

《糸蜘蛛の悪魔》
《ブラッドムーン》
《ペルフェゴール》

■ ビショップ

《ダークジャンヌ》
《ヘブンリーイージス》
23:07  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03/29 (Wed)

【発売日前】TEMPEST OF GODS

RoB期ランクマッチに5回も潜っていないけど、カードの評価してみます。
一目見て活躍しそうなカードだけ拾い上げます。

・・・

■ ニュートラル
《ゼウス》 環境依存部分が大きいが、非常に強力
《イスラーフィール》 サハルシが強かったので、そのギミックの単純強化と考えれば弱いわけがない
《グリームニル》 3/2/3守護だけで優秀
《アンリエット》 顔面に進化の2点を飛ばせるのがやばすぎる
《彷徨の詩人・エルタ》 遊戯王のスキルドレインみたいな感じでメインは自分のデメリットファンファーレを消すことみたいな採用
《力比べ》 ドラゴンとビショップにはいいカードではないだろうか

■ エルフ
《エルフクイーン》 弱くはないけど強くもない。単純な強さなら固め性能もある分エリンの方が優秀
《クリスタリア・エリン》 守護ついてるのがインチキくさい
《エルフの執事・ヴィスト》 コスト0のカードがついで感覚で作れるのは強い
《ビートルウォーリアー》 進化込みで5/6。リノとはまた違う強さ

■ ロイヤル
《円卓の騎士・ガウェイン》 4ターン目にソーリサン皇帝はなかなか
《不滅の英雄・ローラン》 コンロが苦手なリノコンと超越殺し
《ルミナスメイジ》 EP+1のシステムフォロワー
《キャプテン・リーシャ》 スタッツ優秀な指揮官
《ルミナス騎士団の旗印》 体力が上がるのは少しやりすぎではないでしょうか

■ ウィッチ

《学院の新入生・ルゥ》 キャントリップ優秀
《マジカルガール・メルヴィ》 アグロ対決なら出す必要はないってだけ
《キマイラ》 デストロイヤーさよなら
《魔法剣》 スぺブでコストが下がるカードは全部強い

■ ドラゴン

《水竜神の巫女》 スタッツ優秀でなおかつ回復持ちで腐りづらい
《ラハブ》 固い守護としてはそこそこ。ダメージを撒けるので後発のAOEの底上げになる
《アクアネレイド》 フェイス向け

■ ネクロマンサー
《破魂の少女》 アグロネクロ向け
《死神の手帳》 墓地肥し面の貢献が非常に大きい アミュレットなので安定して役割を遂行可能
《骨の貴公子》 闇の従者から2体出てきたり

■ ヴァンパイア
《ベルフェゴール》 ブラッドムーンと合わせるのがメイン
《ブラッドムーン》 こんなカードでも出さないと復讐効果を活躍しづらい環境に驚き
《バフォメット》 キャントリップ
《黒死の仮面》 初の装甲。リーサルラインの変動はコントロールヴァンプにとってはありがたい
《糸蜘蛛の悪魔》 AOEで4のラインを崩すのは一苦労

■ ビショップ
《ダークジャンヌ》 AOE
《ヘヴンリーイージス》 パーフェクトギャラクシーを思い出した
《黄金都市の姫・リテュエル》 エンシェントエルフ
《黄金都市の墓守・ソニア》 進化権を確実に切らせる守護。次のテミス、ダークジャンヌに綺麗につなげられる

・・・

以上です。
アグロもミッドレンジもコントロールも良さげなカードが追加されて、群雄割拠な環境になりそうかな。
シャドウバースはこういう調整上手いですね。

◆ 3/30追記

評価されそうなこと書いてあるけど実はそこまででもないと思うカードもピックアップしておきます

《凍りづけの巨象》
《援護射撃》
《魔導の巨兵》
《言霊使い・ジンジャー》
《変異の雷撃》
《不死鳥の乗り手・アイナ》
《ウロボロス》
《魂の番人ミント》
《魔将軍・ヘクター》
《メイルストロームサーペント》
《風読みの少年・ゼル》
《ライトニングブラスト》
《ドラゴンの卵》
《不死の大王》
《愛の悪魔・ガレット》
《ソウルドミネーター》

以上です。
おもしろいアーキタイプは何かな。

《テンポウィッチ》 ⇒ ルゥ、メルヴィ、魔法剣
《デスネクロ》 ⇒ 死神の手帳
《コントロールロイヤル》 ⇒ ガヴェイン、ローラン、ルミナスメイジ、グリームニル
《ミッドレンジヴァンプ》 ⇒ 黒死の仮面、バフォメット
《イージスビショップ》 ⇒ ヘヴンリーイージス、黄金都市の墓守・ソニア

この辺りは初動で触っていきたいと思います。
では。
02:16  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.01/01 (Sun)

【RoB期】環境初期デッキ

試験運用しているので、その記録を残していきます。
構築意図はそんなに深くないので解説は無し。勝つためのデッキというよりは新しい選択肢探し。

・・・

* エイラセラフ
エイラ

* カウントビショップ
カウントビショップ

* テンポウィッチ
テンポウィッチ

* 秘術ウィッチ
秘術ウィッチ

* ミッドレンジヴァンパイア
ミッドヴァンプ

* ランプドラゴン
ランプドラゴン

* ミッドレンジロイヤル
ミッドロイヤル

* コンボエルフ?
リノコン
05:42  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.12/25 (Sun)

【発売日前~初日雑感】RISE OF BAHAMUT

さっくりですが、整理程度に。

・・・

■ 発売日前評価

* エルフ
バハムートエルフ

カードパワーの低いカードが多く、《ティア》のようなゲームの主導権を握るカードは確認できない。
《古き森の白狼》はレジェンド級の効果を持っているようであるが、同コスト帯の《熾天使》と比較するとフィニッシャーとしての性能差は歴然のものとなっており信頼を置くには怪しさが残る。
《剣を樹に》及び《絡みつく蔦》は、《妖精の悪戯》や《精霊の呪い》に続く軽量除去カードであり、環境次第では採用が検討される分新カードの中ではマシな部類。

* ロイヤル
バハムートロイヤル

《アルベール》が非常に強力。
5/3/5で疾走の時点で設定がややおかしいが、さらにエンハンスて2回行動がついてくる。
その他は2コストカードの追加や、後半の一押しカードが追加されているが、いずれも選択肢程度の評価に留めた。
後半の一押しはアルベールによりさらに肩身の狭いものになりそうである。

* ウィッチ
バハムートウィッチ

《ドロシー》を中心としたフォロワー軸のウィッチが新たに構築可能になった。
初手の少ないシャドウバースではフォロワーがフォロワーのコストを下げての展開を行うことはあまり有効ではないため、
基本的には今まで通りのスペルウィッチの動きでゲームを作ることが得策ではありそうである。
ところでドロシーの効果でドロシーのコストが下がるのは非常にまずいと思うんですが、そこのところ大丈夫なんだろうか。

■ 初日(2016/12/29)雑感
やはり新カードは楽しい。探りながらプレイしていくのがとても良い感触です。

まず、事前、及び現状のクラス毎の評価を示します。
その他としているところは、一括りというよりは優劣をつけられない部分と読み取ってください。

【事前】 ロイヤル=ウィッチ>その他
【現状】 ドラゴン=ネクロ=ウィッチ>ロイヤル>その他

事前予想ではパワーカードである《ドロシー》《アルベール》を持つ2クラスがトップと予想していました。
実際に回してみて直観的に強いと感じたのは、「ラストワード軸ミッドレンジネクロ」、「ランプドラゴン」の2つです。

ラストワード軸ミッドレンジネクロ
低コストでランダム除去をどんどん飛ばせる。
フィールドの狭いシャドウバースでは、他のゲーム以上にこのランダム除去による期待値が高く感じます。
相手の進化権さえ剝がしてしまえば《蝿の王》が動きやすくなるし、不利トレードしにくいラストワード持ちで殴り切っても良し。
ゲーム全域においてフォロワーによる不利トレードを引きにくいのが強さの要因と思われます。

ランプドラゴン
新能力「エンハンス」とランプの相性が良いことがまずひとつ。
加えて、新カードの《竜の闘気》によりPPブースト事故の低減かつ、ドロー力の強化。
「エンハンス」の中でも特に強力なカードは《サラマンダーブレス》。次点で《エイファ》《伊達政宗》。
従来のランプドラゴンよりも安定性、デッキパワー共に上昇しており順当強化であると言えます。

テンポウィッチ
く理論上最強ではあるが、良くも悪くも《ドロシー》のためのデッキといった印象。
フォロワー限定でスペルブーストを2回行う《クレイグ》《クラーク》は、超越における《魔力の蓄積》同様3枚必須。
手札を順当に使い切ったらドロシーを出して攻め手を補充し一気に殴り切る。
弱点らしい弱点と言えば、更地からのバーストダメージを出し辛い。ハウルココミミやフォルテのようなカードは無し。
環境が煮詰まると《研磨の魔法》など採用されるかもしれません

ミッドレンジロイヤル
《アルベール》が思ったより強くない。
中盤に送り出すならば進化権を消費してオーレリアを出した方が強い。
ならば後半と考えても、2回行動合計6点でゲームの大局を左右することはあまりない。アレキサンダーの方がまだ強い。
アルベールの悪口ばかり書きましたが、ロイヤル基盤は今期もそこそこ強いと思います。

・・・

以上です。
ランクマッチはどうだろう。《ドロシー》と対戦したくない気持ちが大きいです。
01:50  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT