//
FC2ブログ
2009年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2009.12/03 (Thu)

ボルメテウスコントロール

「ボルメテウスコントロール(ボルコン)」と聞くと、火、闇、光、水、計4つの文明で組まれたデッキを想像する方が大半でしょう。たしかにそのデッキ色で組まれるボルコンもあるのですが、今回は光抜きの4色で組まれたボルコンを紹介しようと思います。



ボルメテウス・コントロール


そもそもボルコンって?
「ボルメテウスコントロール」の元を辿ると「除去コントロール」というデッキにぶつかります。除去コントロールとは、相手のライブラリアウト(デッキアウト)によって勝利するデッキのことを指します。少し言い方を変えれば、相手のライブラリ(デッキ)が無くなるまで、相手の行動を受ける必要があるとも取れます。もちろんプレイングも加味されますが、どんな相手に対しても「受け」のスタンスでプレイできることが前提条件となると言ってもよいでしょう。つまり、押し切ることはなく押されもしませんが、除去コントロールサイドは相手のライブラリアウトで勝利できるのが、除去コントロールの理想です。除去コントロールの派生と言えるボルメテウスコントロールにおいても「受け」を持続させる必要性は除去コントロールと共通するのですが、フィニッシャーであるボルメテウスをバトルゾーンに留まらせることと、ボルメテウスが役割を遂行するために、バトルゾーンを「受け」の状態よりを制圧する必要があるという2点が加味されるため、プレイングと構築が難しいと言えます。また、多くのボルメテウスコントロールが自然抜きの4色で組まれていることからも、ボルメテウスコントロールが除去コントロールの派生であることに気づくことはできるでしょう。

カード解説
*《停滞の影タイム・トリッパー》
相手の流れを遅くします。ランデスカードとも好相性です。

*《封魔アドラク》
擬似ランデスに加えてマナ回収、バキュームとでロックまでこなす多彩獣。

*《ディメンジョン・ゲート》
アドラクやボルメテウスなど、その場その場で使いたいカードをサーチできます。
S・トリガーとして使えば、ハンゾウをサーチして守ることも出来ます。

*《デス・スモーク》
炎獄スマッシュでないのはロードリエスを視野に入れているためです。



ボルメテウスコントロールには沢山の種類がありますので、このデッキはほんの一例に過ぎません。プレイング強化を図ることも出来ますので、ぜひ使って欲しいデッキです。

スポンサーサイト



05:19  |  DIARY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |