//
FC2ブログ
2016年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2016.12/25 (Sun)

【発売日前~初日雑感】RISE OF BAHAMUT

さっくりですが、整理程度に。

・・・

■ 発売日前評価

* エルフ
バハムートエルフ

カードパワーの低いカードが多く、《ティア》のようなゲームの主導権を握るカードは確認できない。
《古き森の白狼》はレジェンド級の効果を持っているようであるが、同コスト帯の《熾天使》と比較するとフィニッシャーとしての性能差は歴然のものとなっており信頼を置くには怪しさが残る。
《剣を樹に》及び《絡みつく蔦》は、《妖精の悪戯》や《精霊の呪い》に続く軽量除去カードであり、環境次第では採用が検討される分新カードの中ではマシな部類。

* ロイヤル
バハムートロイヤル

《アルベール》が非常に強力。
5/3/5で疾走の時点で設定がややおかしいが、さらにエンハンスて2回行動がついてくる。
その他は2コストカードの追加や、後半の一押しカードが追加されているが、いずれも選択肢程度の評価に留めた。
後半の一押しはアルベールによりさらに肩身の狭いものになりそうである。

* ウィッチ
バハムートウィッチ

《ドロシー》を中心としたフォロワー軸のウィッチが新たに構築可能になった。
初手の少ないシャドウバースではフォロワーがフォロワーのコストを下げての展開を行うことはあまり有効ではないため、
基本的には今まで通りのスペルウィッチの動きでゲームを作ることが得策ではありそうである。
ところでドロシーの効果でドロシーのコストが下がるのは非常にまずいと思うんですが、そこのところ大丈夫なんだろうか。

■ 初日(2016/12/29)雑感
やはり新カードは楽しい。探りながらプレイしていくのがとても良い感触です。

まず、事前、及び現状のクラス毎の評価を示します。
その他としているところは、一括りというよりは優劣をつけられない部分と読み取ってください。

【事前】 ロイヤル=ウィッチ>その他
【現状】 ドラゴン=ネクロ=ウィッチ>ロイヤル>その他

事前予想ではパワーカードである《ドロシー》《アルベール》を持つ2クラスがトップと予想していました。
実際に回してみて直観的に強いと感じたのは、「ラストワード軸ミッドレンジネクロ」、「ランプドラゴン」の2つです。

ラストワード軸ミッドレンジネクロ
低コストでランダム除去をどんどん飛ばせる。
フィールドの狭いシャドウバースでは、他のゲーム以上にこのランダム除去による期待値が高く感じます。
相手の進化権さえ剝がしてしまえば《蝿の王》が動きやすくなるし、不利トレードしにくいラストワード持ちで殴り切っても良し。
ゲーム全域においてフォロワーによる不利トレードを引きにくいのが強さの要因と思われます。

ランプドラゴン
新能力「エンハンス」とランプの相性が良いことがまずひとつ。
加えて、新カードの《竜の闘気》によりPPブースト事故の低減かつ、ドロー力の強化。
「エンハンス」の中でも特に強力なカードは《サラマンダーブレス》。次点で《エイファ》《伊達政宗》。
従来のランプドラゴンよりも安定性、デッキパワー共に上昇しており順当強化であると言えます。

テンポウィッチ
く理論上最強ではあるが、良くも悪くも《ドロシー》のためのデッキといった印象。
フォロワー限定でスペルブーストを2回行う《クレイグ》《クラーク》は、超越における《魔力の蓄積》同様3枚必須。
手札を順当に使い切ったらドロシーを出して攻め手を補充し一気に殴り切る。
弱点らしい弱点と言えば、更地からのバーストダメージを出し辛い。ハウルココミミやフォルテのようなカードは無し。
環境が煮詰まると《研磨の魔法》など採用されるかもしれません

ミッドレンジロイヤル
《アルベール》が思ったより強くない。
中盤に送り出すならば進化権を消費してオーレリアを出した方が強い。
ならば後半と考えても、2回行動合計6点でゲームの大局を左右することはあまりない。アレキサンダーの方がまだ強い。
アルベールの悪口ばかり書きましたが、ロイヤル基盤は今期もそこそこ強いと思います。

・・・

以上です。
ランクマッチはどうだろう。《ドロシー》と対戦したくない気持ちが大きいです。
スポンサーサイト



01:50  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT