//
FC2ブログ
2020年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
2020.01/01 (Wed)

【DM】ボルメテウスカップ終了して

自分の中で環境に対する見解が固まるとモチベーションが枯れてしまい、
シルバー1で終えました。
考察して記録を残しておきたいので、少し語ります。

・・・

レート1位の方はシータビートダウンを使っていたそうです。

ENKtJd6VUAEqyWs.jpg
URL -> https://twitter.com/taki_sweets/status/1212027724371517440?s=20

■ シータビートという選択ついて
二角の超人を厚く採用して、自然文明でアドバンテージを稼いでいく構成は思いつきませんでした。
(結果を見ればなんだこんなことか、という感じなんですが、思いつかないものです。)
二角の超人はドローソースではなくアタッカーでもあります。
マナから任意のカードを回収できるので、序盤のマナセットを気軽に行うことが出来る強みもあります。
二つ牙もツインキャノン前に攻撃できるきっかけになる上、場で放置されているであろう役割がない青銅に乗っかるので
資源の再利用という感じで無駄がない気がします。

自分は殴るデッキは光文明が必須だと思っていました。
最終的にはホーリーメールでホーリースパークを盾に仕込み合い、それをエグゼドライブで壊し合う仮説です。
今回の結果から、マナを伸ばしてパワーラインを上げて除去できないラインを形成するプランが有効という理解ですが、
果たしてどれほど有効かどうか、やってみないと分からないところではあります。

加速カードが10枚採用されていて、連勝が求められる環境向きのデッキだとは思いますが、
その分手札が枯れた時の対応はどうなのかなという心配はあります。割り切りでしょうか。
スポンサーサイト



15:07  |  DUEL MASTERS PLAY'S  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |