//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2010.08/16 (Mon)

二刀流型Mロマ

ブログネタになりそうな話題なので張ってみます。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「あなたのパソコンの壁紙を教えてください!」です。携帯ユーザーの方もいるかと思いますが、大半の方が、パソコンでブログを更新されていることかと思います。みなさんのブログのお供、パソコンに設定している壁紙はどんなものでしょうか私は、家のパソコンの壁紙はしょっち...
トラックバックテーマ 第1020回「あなたのパソコンの壁紙を教えてください!」

今はコレですね。
2ヶ月ぐらい同じ状態だと思います。
やっぱり「ARiA」は美しいです( ´ω`)
デスク

・・・

大会に出ることも当分無いと思いMロマのレシピを公開しようと思っていましたが、
あまりにも二番煎じなレシピだったので公開は取り止め。
そういうわけで、少しの間黒Mロマに触れた感想でも書こうと思います。



* 黒Mロマ(二刀流型Mロマ)の特徴
赤と黒の高コスト呪文を《邪神M・ロマノフ》で踏み倒すことをキーに置いたデッキ。大抵はシールド残数が少ない状態で《憎悪と怒りの獄門》撃つか、Mロマノフが種族にナイトを含むことを利用し《魔弾 ベター・トゥモロー》により自軍の火力を一時的に上げることをフィニッシャーに置く。どちらのフィニッシュもシールドを一気に壊すため、早い速度でフィニッシュ出来るにも関わらずシールドを壊すことにより背負うリスクを最小限に抑えることが出来、コンボパーツをマナに置いておくことが出来るためハンデスやバウンスで妨害され辛いのが特徴。しかし脆い面もあり、一度に攻撃を通すことが出来なければ自軍の基本パワーの低さ故にあっという間に制圧されてしまう。そこは赤単速攻等通ずるところがあると言ったところ。また、《ノーブル・エンフォーサー》,《ローズ・キャッスル》を始めとした小型対策のカードには極端に弱い。

* 黒Mロマを使用しての感想
まず感じるのが行動出来る選択肢の多さ。最速4KILLでゲーム終了させることが出来るデッキとは思えないほど選択肢が多い。2Tナススタートで埋めるカードの選択肢ひとつ取っても、後にMロマで撃つカードを埋めているのと同意。ということは、選択を誤ればその後にするべき動きが出来ないということにもなる。さらに難しいのが《デビル・ドレーン》のリスク管理。全部取るのか、それとも数枚残すのか。このデッキ全体に言えることですが、動きをパターン化出来ないのがキツイです。場合によっては盾の中身で動きを変えたりしなければならなかったりもする。
しかし、ある程度ゴリ押しが利くデッキであると言われれば確かにそんなデッキで、明らかに戦況が不利でもギリギリクロックが合えば無妨害前程でイキナリし掛けられるので、トリガー・シノビ無しで相手が即死なんてこともザラ。ワンショットキルが可能。ただ、盾からの地獄スクラッパー一発で壊滅するケースも多いので、場合によっては子供たちが使ってるようなスーパーデッキにすら敗北する可能性がある。勝率が安定しないのも特徴かもしれない。あ、速攻系統にはプレイングを待ち違わなければ8割は取れます!・・・・・・青単は・・・・・・ジャニット怖いけど。。



ダラダラと書かせていただきましたがそんな感じです。
個人的には結構好きなデッキでした。
(無いと思いますが)希望があれば、二番煎じなレシピで良ければ張ります。


・・・

「PrismRhythm」終了しました。
個人的にはオススメ出来る作品。ドロドロ感は無く最後までスキスキ言うだけ。
和みたい方にオススメです。

OPは結構有名だったような気がするので紹介しておきます。


後は、体験版の実況も見つけました。メインヒロインは全員出て来ます。


・・・

終わり。
青Mロマでも回します。
スポンサーサイト



20:40  |  DIARY  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

自分も好きなデッキの一つです^^
プレイングが出てくるデッキなのも好きな点。

てかナスオ強いよなー
MORIA |  2010.08.17(火) 00:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/127-837f3123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |