//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.02/13 (Mon)

陰陽の舞

紅蓮ゾルゲの基盤について考えてみる
常識の範囲ですが、それでも情報の整理にはなるかと。

・・・


基本は《紅蓮》と《ゾルゲ》が揃っている段階で《陰陽の舞》を出す。
そこで、メインとなるパーツの整理。
カード解説
紅蓮を出す方法については人によって意見は違うと思うけど、
《アパッチ》にしても《赤ホール》にしても弱過ぎて使い物にならないのが現状。
弱いと思う理由は、紅蓮を出す以外に明確な役割を持てないからです。
となると、《フェアリーホール》だけ挿して残りの枠は《焦土》や《スクラッパー》などに
スロットを渡した方がデッキとしては締まるんじゃないかと思いました。


①と比べるとここからは個人差が出るところで賛否両論あるかと思うけど、
「使えるなら必須じゃね?」っていうカードはやはりあるわけで
ゾルゲ解説2
墳墓避けを考えなければ、この3枚は切っても切れないカード。
特に《ジャスミン》《吸い込む》の2枚は環境がどう変化しても抜けることはないでしょう。

・・・

ここまでがどのゾルゲにも入ってる必須カードです。
消費スロットは24枚で、差し引き16、17枚がフリースロットということになります。
スポンサーサイト



19:59  |  DIARY  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/384-4e81580f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |