//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.08/12 (Sun)

紅蓮コン

恒例のリスト解説です。敗戦なので要所のみ。

* 紅蓮コン
紅蓮コン
次元:ティーガー クルーザー キル×2 勝利セット 紅蓮

* 紅蓮コンって何?
「コントロール」っていうのは気分で付けただけで特に意味はないです。
簡単に言えば、《紅蓮》をバトルゾーンに出して、その状態で生姜なりを出して制圧していきます。
単純に紅蓮がPW7000持っているので、ティーガーなりに補助してもらえば8000ラインまでは攻略出来ますし、
一度殴り返しに成功すれば赤のPW6000ハンタータイムリッパー(昇龍)が出るので強いです。
紅蓮コンが最も輝くのは永遠のリュウセイカイザーと絡む場面。
リュウセイカイザー殴り返し⇒生姜でアンタップキラー⇒SA昇龍で殴り返し⇒プリン出して唯我独尊
相手の場アド-3しながら一体行動不能、さらにこちらの場にはワールドブレイカーが出てきてゲームエンドです。
また、今回はメタ読み(猿増)でテラに2枠を割きましたが、普段1枚はバザガジーラゴンを採用しています。

* 紅蓮コンって何のため?なくもいい。
紅蓮コンっていうより赤ホール強いよっていう話です。ヒーロー使うぐらいならこっちの方がいいと思います。
5マナで地獄万力並の除去を出来てしまうのはやはり強力。
速攻やΛ、イエスは勿論のこと、ザビミラの弱体化も狙えるナイスカードです。
同型では昇龍出して有利にゲームを進められますし、キルキルテラの布陣でジャストキルは便利の一言。
弱点はデルフィンとシャロなんですが、そこは猿が得意としている部分なので相性補完しています。
逆に猿は小型撒かれると苦しいので、そこは赤ホールで補いましょう。

* エンシェントホーンは必須?
このリストだと必須かなっていうのが個人的な見解です。
まず基本的な考えとして、マナを起こすカードが無いと死札が大量に生まれることを理解して下さい。
これまではエクスが4枚積めたので意識はしてなかったと思いますが、猿タワー使うならケアしないといけない問題です。
大分CSまでに私が試した方法は大きく分けて3つです。
①逆転のオーロラ
②ドレーン獄門
③猿ゼナーガ
④エンシェントホーン
⑤ファントムベール
①と②と③は大体同じようなもので、盾全部引っ繰り返してエクスがいなければ山札にいるっていう考え方です。
ただ生姜を始めとして、今はSAが積まれていないデッキは珍しく、リスク管理が難し過ぎたので没。
⑤のファントムベールは試していませんが、完全相手依存なので弱い気がします。
結果的にエンシェントホーンがリスクもなく、相手が効果条件の不成立を目的に攻撃して来たシールドから
エクスが手札に入ってくる可能性(擬似ファントムベール)もあるので採用に至りました。
速攻系統やΛ相手では全く使えないのでイライラするかと思いますが、
ドレーンやオーロラ、ファントムベールにも言えることなのでどれも大して変わりません。

* アクアサーファー3枚
ギフトステロイド、黒緑ウィニーメタに気合で3枚放り込みました。
トリガーすれば、赤ホールの力も借りてほぼ勝てます。
スロットがかなり厳しいので皆さん入れられないかと思いますが、私はギヌス-1、緑汎用枠-1、赤枠-1で投入しています。

* クリスタルメモリー
元々は《ディメンジョンゲート》の枠でしたが、サーファーのために赤枠を1枚(ムシャホール)を減らしたため、
サーチ先に呪文も取ることのできるメモリーに差し替えました。
メモリーからのハヤブササーチも含めて、吸い込む4+サーファー3+メモリーハヤブサ1の計8枚が防御カードです。

* テラ2枚
ここはメタ読みです。川崎で猿が暴れたので、使用者が増えるかなと。
結果的に対戦の機会はありませんでしたが、腐ることも無くバランスの良い構築が出来たと思います。
スポンサーサイト



09:42  |  DIARY  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/503-f61a870a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |