//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.08/29 (Wed)

Bロマ

ハンデス系統は本当に手に馴染まない。
何と言うべきか分かりませんが、コンセプト自体が相手依存のようなところが気に入らないのか。
ある程度自分の中で強い動きがあるデッキが好きなんですよね、多分。
とか書いてるとラストストーム型を組めばいいのかと思ったので、そっちに手を出してみようと思います。
従来のLO型はプリンセスの登場により絶対の勝ち筋では無くなったので、向かう方向は間違ってないでしょう。
ただ、既存のラスト型のギミックはどれもファンクに弱いので、ここをどう克服するかが課題です。

・・・

紅蓮コンの基盤の話をしていなかったので、その話をしようと思います。

* 紅蓮コン
紅蓮こん2

今回画像なのはちょっとした自慢です。最高レアリティで固めてあるハズなので。
紅蓮コンに限らず、私が組むデッキは基本的に最高レアリティです。所謂プロモ厨ってヤツですね。
自己満足以外の理由はないんですが、私の場合はリアリティが低いと使う気になれません。
「絶版で最高レアリティが揃わない」→「組めない」の発想です。
今そのパターンで組めないのはマーキュリーを使ったデッキで、アクアガード(ローソン)が1枚も揃いません。

話がそれましたが、上の写真のリストは先日の大会で使用したリストです。
上記のリストから《蒼狼の始祖アマテラス》を《魔龍バベルギヌス》にすれば紅蓮コンの基盤が出来ます。

回りくどいので、ここからは紅蓮コンも猿NXに含まれるものとして話を進めます。
今の環境のハンデスに《ミルアーマ》と《魂と記憶の盾》を積んでいる構築を目にするかと思いますが、
これらが入る代わりに枚数が少なくなっているカードがあることにお気づきでしょう。
言わずともそれは《ミスターアクア》です。
これらのカードに言える共通点は青と白の2色カードということで、言わばデッキ全体の色バランスです。
猿NXの話とは少し離れているので話を近付けますが、猿NXのわかりやすいところで言うと青の配分が該当します。
現状の青の配分はスロット3+吸い込む4+N4の計11枚が基本枠です。
最近の結果を残すリストにはN4の枠にアマテラスが入っていることが多いですが、これはメタ読みです。
つまり、基盤としてリスト全体を捉えることで、ある程度トッププレイヤーのメタ読みが見えてきます。
勿論、リストを使用したプレイヤーがその時の気分でいれたカードもあるでしょうが、
そのカードがどのように環境に対して作用したかも予測することが出来ます。

ここで、猿NXの基盤の具体的な話に移ろうと思います。

4【サイバーNワールド】ドローソース3/青汎用枠
1【アクアサーファー】汎用枠1
3【フォーチュンスロット】ドローソース3
4【ドンドン吸い込むナウ】固定
1【クリスタルメモリー】汎用枠1
2【霞み要請ジャスミン】マナ加速1
3【蛇手の親分ゴエモンキー!】フィニッシャー3
1【賢察するエンシェントホーン】緑汎用枠1
4【フェアリーライフ】マナ加速4
4【セブンスタワー】マナ加速4
1【再誕の社】マナ加速1
1【永遠のリュウセイカイザー】フィニッシャー1
2【超竜バジュラズテラ】フィニッシャー2
4【超次元ボルシャックホール】汎用枠2/除去2
1【ボルバルザークエクス】固定1
3【魔龍バベルギヌス】汎用枠3
1【光牙忍ハヤブサマル】防御1

これが猿NXの基盤です。基本的にこれがベストな形(最も高いデッキパワーを持つ状態)として捉えて下さい。
ここから環境に合わせて手を加えることになります。
手の加え方ですが、右側に書いた役割と数が補完するように加えます。
例えば、マナ加速はライフ4+ジャスミン2+タワー4+社1=11となっています。
つまり、どんな形であれブーストは11枚積むというのが大切です。スロットを空けるために減らす発想は置いて下さい。

さて、ここでもう少し話を深めます。
リストに「汎用枠」と言う言葉が見えるかと思いますが、ここが自由に入れ替えられるスペースです。
あまり意識されることはありませんが、デッキにはそれぞれ自由度というものがあるのは感覚で知っているでしょう。
これを文章に起こすと「汎用枠」となるというのが私の考え方です。

汎用枠の使い方は自由とは言え、ある程度使い方があるのも事実です。
ここが一番重要なのですが、文章を書くのに疲れたのでまた別の機会に。
スポンサーサイト



00:25  |  DIARY  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/515-188ce26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |