//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.12/10 (Mon)

【デッキ解説】虎覇

いつも通り質問形式で。
E2に関しては色々思うこともあるので、この記事は質問も受け付けられるようにコメント欄開きます。
聞きたいことがある人いるかどうか分かりませんが利用して下さい。

デッキ解説に移ります。



* 虎覇
IMG_20121210_110556.jpg

* 獰猛覇使用理由
絶望的な状況からのGJで追加ターン連打が出来るのが当初の理由で、そのためにデッキ全体も高コストでまとめてあります。
しかし、自分はどうもGJの才能がないようで、ローズソーサラーを絡めなければリエスにすらGJに勝てませんでした。
というわけで、最初の理由というのはいつの間にかなくなってしまったわけですが、
ジャンドカラーでの構築はE2で非常に合理的であると気がついたのでそのまま練り続けました。

先日の鍵を掛けていた記事に書いていたかどうかは忘れましたが、E2の特徴として青がなくてもドロー出来ることがあります。
別の言葉に変えると、青に匹敵する効率の良さを持ったドローソースがあるということです。
これに該当するのが《天頂計画》《ライフプランチャージャー》《ハッスルキャッスル》、そして《魅了妖精チャミリア》。
これらを採用することにより青無しでも手札供給を受けることが可能です。
今回この中から採用したのは《ライフプランチャージャー》《魅了妖精チャミリア》。
これらは4コストということで2ブーストから自然に繋がるので他のカードと比較して扱い易いのが特徴です。

* 虎って何?
虎は《デーモンハンド/虎ver》《タイガーグレンオー》のことです(笑)
もっと的確に表現するならば「トリガー覇」って感じですね。でも虎の方がかっこいいので。
余談ですが、本番の数日前までデーモンハンド2タイガーグレンオー2でした。
しかし、澪さんのハンド4タイガー4の獰猛覇に対してビートダウンを使用すると全く突破出来なかったので、
私も急遽2枚ずつ増量してビートダウンへの耐性を強化した次第です。
結果的に赤黒ウィニーに負けてしまいましたが、ザビクローショックマンマを受けきることは他のデッキでも難しいかと。

* 1積が3枚あるのは?
《躍喰の超人》《薔薇の使者》《偽りの名ハングリーエレガンス》は全て銀の弾丸として運用します。
E2の特徴として、銀の弾丸と成りうるカードは大量に存在していますがそのほとんどが呪文で、
サーチからの的確運用が出来ないことがありますが、クリーチャーならば話は変わってきます。
基本的に同型(ゼニス/覇)に強いエレガンス、勝負を決定付けるローズソーサラー。獰猛補助のシラウオ。
これらをマウスハンデス後に持ってくることで役割を遂行させます。
もっとも、これらが墓地に送られてしまうと取り返しがつかないので、持ってくる際には注意が必要です。

本戦では全て一回以上はサーチしています。
特にエレガンスはリエスに対する決定打になることも多く、最もサーチ機会が多かったです。
ただ2枚の投入はスペース的に許されないので2枚以上入れることはほぼ不可能かと思います。
2番目にサーチしたのはおそらくローズソーサラーで、ソーサラ獰猛覇に使うことはもちろんですが
7マナの状態でキャストすると次のターンで10マナに届くのでプチロマネスクとして機能することも。
4000のラインは除去が難しいので覚えておくといいと思います。
最も使用する機会が少なかったのがシラウオです。
使い方としてはシラウオ⇒獰猛覇でマナを9マナに伸ばしつつGJで勝利することにより
次のターンでローゼスを出し覇のブレイクを疑似的に焼却にしようとする狙いがあります。
細いコンボではありますが、こちらも覚えておいて損はありません。



とりあえず以上で。
他の候補デッキも気が向いたらブログに載せます。
スポンサーサイト



13:19  |  DIARY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/580-246fb6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |