//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2010.03/15 (Mon)

発想の転換

気がついたら、朝方の4時でした\(^o^)/

・・・

ネタが無いので気が向いたので、メモ帳に封印されていたM(マッド)・ロマノフの文章を公開(笑)
相変わらず酷い文章なので、逃げるなら今のうちです(´・ω・`)

【More・・・】

*参考レシピ
Mロマノフ


*解説(?)

はじめに
M(マッド)・ロマノフは、エリア決定戦時期とエリア決定戦後、2つの時期に分けられるデッキです。よって、エリア決定戦時期に結果を残したレシピが、そのまま今の環境に通用するとは考えられません。この文章を見る際には、このことを頭に入れた上で見ていただけると、少しだけ読みやすいかと思います。

M(マッド)・ロマノフが流行した背景
「ガチプレイヤーの約5割が使用していたであろうキリコに対して強いデッキだった」 この一言に尽きます。
そもそも、「何故このデッキがキリコに強いのか?」という話ですが、理由は幾つか考えられます。

?エリア決定戦の時期には、M(マッド)・ロマノフに対して有効なメタカードである《ローズ・キャッスル》を積んだキリコが少なかった。(また、《ローズ・キャッスル》を入れて調整されたキリコのレシピが、ネット上で公開されていなかった)
?《エンペラー・キリコ》を使用したデッキでは、速攻に対して《天真妖精オチャッピィ》や《フェアリー・ライフ》を使用してマナを加速し、キリコをより早い段階で出すことで対応していたため、4killという速さを持つにも関わらず、盾を一度に破壊してくる対M(マッド)・ロマノフには、まるで耐性が無かった。

おまけに、タイミングよく《デビル・ドレーン》の値段が高騰してしまったため、エリア決定戦の時期にM(マッド)・ロマノフの動きを捕らえることが出来ていたのは、極一部のプレイヤーしかいなかったのも要因と言えます。つまり、一部のプレイヤーを除き、キリコvsM(マッド)・ロマノフを想定し磨き上げた立ち回りが確立されていなかったのが、エリア決定戦の時期ということです。このような状況ならば、一部のキリコを抑えてM(マッド)・ロマノフが活躍するのも当然と言えます。さらに、メインコンボに《憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート)》を使用するため、速攻対策は万全。また、妨害無しの場合の4kill率はキリコ以外のデッキに対しても同様で、妨害さえ無ければどんなデッキにも勝てる可能性を持っています。この持ち前の爆発力と、流行のデッキにとりあえず対応出来るという性質がキリコに飽きた一部のガチプレイヤーの心を擽(くすぐ)り、短期間で結果を残すほどのデッキに仕上がったと予想出来ます。

エリア決定戦後のM(マッド)・ロマノフ
エリア決定戦というひとつの区切りをつけ、今までキリコのことで頭がいっぱいだったガチプレイヤーたちの目が、各地で結果を残したデッキに向けられたことと思います。そして、エリア決定戦時期にトッププレイヤーが使用していたM(マッド)・ロマノフのレシピも、晴れて明かされることとなりました。これが、今多くのプレイヤーに使用されているM(マッド)・ロマノフとなっています。しかし、上位に入賞した他のデッキのレシピも明かされることとなりました。当然、そのデッキレシピの大半は、対M(マッド)・ロマノフも意識された構築が殆どです。このレシピも、今では多くのプレイヤーに使用されています。よって、今まで対策が施されることの少なかったM(マッド)・ロマノフも、対策を施されたレシピが増えてしまい、活躍し辛くなってしまったと言えます。

*考察
私が考えるに、エリア決定戦期間中のM(マッド)・ロマノフは闇に包まれた状態。いわば、知る人ぞ知るデッキに過ぎなかったかと考えています。私自身コンボデッキと侮っており、それほど地力が強いデッキだとは思っていませんでした。しかし、トッププレイヤー様にはきちんと対策されているもので、今やプレイヤー間では対M(マッド)・ロマノフの立ち回りの知識は常識、通用しません。よって、M(マッド)・ロマノフというデッキも、立ち回り・デッキ構築、共に見直さなくてはならないこととなりました。今はこの地点に立っており、具体的な構築とプレイング内容が出揃おうとしているところではないかと考えています。少なくとも、エリア決定戦時期に結果を残したレシピでは、これからの環境ではおそらく通用しません。通用したとすれば、それは妨害が無かった場合の4kill。嫌な言葉ではありますが「運ゲー」というヤツです。まあそれが強いと言われればそれまでですが(笑)。

・・・

と、こんな感じで。残念な文章でした。
今まで4killがひとつの目標だったM(マッド)・ロマノフですが、
その皮を一枚剥いた、新しい構築が出来るのではないかと思っています。
新しい構築が楽しみですね。

・・・

終わり。
次の更新は未定です。気が向いたら、また書くと思います。
スポンサーサイト



04:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/65-6b91f2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |