//
2018年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.12/16 (Mon)

【使用リスト】墳墓至宝

少し語ります。

・・・

* 墳墓至宝
Bblx_VPCYAAd_cS.jpg

金曜日の夜まで、エンフォーサー超動4積みの黒ビッグマナを使用する予定でした。
ただここまでしても対赤単が安定しない上、シューゲイザー、同型は引きゲーということが前日の調整で分かったので
第2候補として多少触っていたイエスを持ち込むことにしました。
一般的にはトリガービートにオールイエス、リリィを採用した型が主流ですが、
攻めるというよりはむしろLO勝ちを狙うような除去配分を一朝一夕で使いこなすのは非常に難しく感じたので、
殴り切りのパターンも取れるストロガノフ型のオラクルイエスの使用に至りました。

構築のポイントは墳墓を4枚フルで採用したことです。
初期段階では特に裏付けがあったわけではないのですが、初手にある墳墓を気軽にマナに置き色を確保しつつ、
後半の要所で使う墳墓をデッキに残すことが出来る点が非常に使いやすかったので採用しています。
また、見えている範囲の墳墓の枚数が増えるに連れて相手の墳墓に対する警戒は薄れていくため、
構築がバレていなければ3枚目、4枚目の墳墓も戦力として使用出来ることもポイントと言えます。
ただし、逆に言えば相手の被りに依存した構築であるとも言えるので、
同じカードを複数枚デッキに投入する可能性の高い限定構築の舞台と言えど、墳墓が腐るケースは当然存在します。
この点については割り切りが必要かと思いますが、限定プールにおいて墳墓が強いことは紛れもない事実です。

スポンサーサイト
17:30  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/685-668c5e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。