//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2014.02/01 (Sat)

DQMSL

久しぶりにビッグマナの気分です。
環境の高速化、並びに相続く主要カードの殿堂入り、他の環境デッキの強化によりすっかり息を潜めていますが、
それでもこの環境に食らいついていけるほどのデッキパワーは備えていると僕は考えています。

というわけで、最近vaultの対戦ルームで使っている刃鬼です。

* ダイハード刃鬼
シャワー刃鬼
次元:パンツァー 昇龍 プリン×2 カイマン(orカトラス) ティーガー パックン メリーアン

今の環境は2→4のラインが重要です。このことを結果を残すデッキが物語っていることは皆さんご存知でしょう。
2→4のラインの流れが強いという言葉をより具体的に置き換えると、今は2→4ジェニーが強いとなります。
この一番の理由は、環境内にワンショットの手を構築に含むデッキがあまりに多いためです。

ジェニーというのは自分の中だけで見れば非常にノイジーなカードで、ジェニーをキャストするターンに
ライフプランチャージャー、ないしはフォーチュンスロットといったカードを使用した方が動きの作りとしては
非常に円滑なものになるということはこの文面を読むだけで頭の中に素直に入ると思います。
しかし、今はこれらのカードを使うターンにジェニーが使用されています。
少し言葉を変えると、ジェニーを採用するデッキは全て勝利体系の中にジェニーを含むということです。
話が飛躍したため補足すると、動きを潤滑にするためのドローソースよりもジェニーのほうが高い優先度で採用されている
ということになります。
このことから、構築の段階で相手の動きに対応する要件の中に相手のジェニーに対応する項目が含まれることになります。

ジェニーへの対応としてはキーカードを2枚以上手札に保持する(ドローソースを厚く構築に含む)、
ベルリンを採用するといった手法は考えられます。
しかし、セブンスタワーや再誕の社といった刃鬼の中枢となるカードは軒並み制限カードなので、
先程例に挙げた手法を取ることは従来の刃鬼では難しいのですが、ここにフェアリーシャワーを加え
問題の解決を計る意図があります。
この点はガチンコルーレットで手札の量をキープしながらマナを伸ばしていく構築もありますが、
ガチンコルーレットの使い回しが不確定な部分が要件を満たしていないためフェアリーシャワーの採用に至っています。

フェアリーシャワーの話に至るまでずいぶんと尺を使ってしまったので、ここから巻で行きます。

■ 「祝」の頂 ウェディング
キューブキラー。刃鬼のガチンコが不安邸かつ、キューブとのマッチングにおいては多くの場面で
こちらの方が有効牌となるため1枚だけ挿しています。

■ バキューム・クロウラー

手札の量を増やしながらパクリオを回します。ブロッカーという部分に然程意味はありません。

■ 不敗のダイハード・リュウセイ
複数立てればまず死にません。ハンデスがジェニーでなくパクリオなのでデスゲートもケア可能。
対墓地においては制圧から最終的に3~4体立てて、クロックを踏んでも返しで死なない場を目指します。

■ お清めトラップ

パクジェニの打ち合いになった時、逆転王女やキリューといった単体で機能しにくいカードを踏むシューゲイザーはともかく、
デッキ全体がドロソの塊の墓地相手となるとさすがに部が悪い駆け引きになります。
墓地を0枚にすることでモールス、GT、クロスファイアが有効牌ではなくなるのでそこを狙います。

■ 無法のレイジクリスタル
申し訳程度の赤確保。トリガーもやや薄いのでここで保完しています。

・・・

では、また!
スポンサーサイト



20:38  |  DIARY  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/687-df434b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |