//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2015.11/10 (Tue)

論文への貢献

あまりこういうことをここに書くのはどうかとも思うのですが、話の種としてはおもしろいので投げておきます。

・・・

まず事の経緯について。
9月の終わり頃から、同じ研究室の修士課程の先輩と共同研究をしていました。
共同研究というのは文字通り、同じ論文のテーマを持って研究を行うということです。
論文のテーマ自体は研究室の教授と先輩が考えたもので、僕の勉強と先輩の補助を兼ねることで共同研究とするというわけです。

しかし、蓋を開けてみるとこの先輩が全く役に立たない。
ありがちですが、この先輩は一旦行き詰まるとそこで思考が停止してしまうという問題解決能力の低い人間でした。
幸いにも僕はこの研究においては特に息詰まることもなく、先輩を横目に研究を着実に進めていくとい日々が1ヶ月経過しました。

そんなこんなしている内に、修士論文の中間発表の日取りがやってきます。
当然ながら先輩は成果らしい成果はほぼありませんが、僕の方は卒業論文を提出できる算段ができる程度に研究が進んでいました。
研究の途中経過報告の中で先輩にいくつか成果を渡していたのですが、先輩はそのときに渡した成果を元に作成した資料で修士論文中間発表のプレゼンテーションを完了します。

ここで、僕が先輩に不満を打ち明けたところ、いろいろありまして共同研究を解消する運びとなりました。
この話はここで終了です。



僕はかなり自が強い人間ですので、今回先輩に不満を打ち明け、共同研究を解消することができました。
しかし、世の中やはり上下関係というものはあるもので、大半の学生は先輩に成果を乗っ取られるという状況になることが多いと聞きます。
社会に出ればこんなことを経験することも増えるでしょうが、まさか研究室でこのような経験ができるとは思いませんでした。
スポンサーサイト



21:49  |  DIARY  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/813-39b19d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |