//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2016.06/22 (Wed)

【シャドウバース】超越ウィッチ

ひとまず落ち着いたので紹介します。

・・・

* 超越ウィッチ
Snip20160622_1.png1枚不足しているのはルーキーマジシャンサリーです

■ コンセプト
《ルーンブレードサモナー》単一、もしくは+αによるバーストを狙います。
《ルーンブレードサモナー》以外のカードは全てその補助です。

超越ウィッチの主要カードであるスペルブーストを持つカード群は大きく『効果が拡大する』及び『コストが低減する』に分類ができます。効果が拡大するカードは序盤から抱えているほど効果が大きくなりますが、スペルをキャストする機会と手札の枚数制限を考慮すると最大効果を発揮できる機会はそう多くはありません。一方でコストが低減するカードは、既にコストが低減しているスペルを起点に後続のスペルコストも低減されるため、余程乱暴に扱わない限りはコストの軽い状態を維持することができます。以上の要件から、採用する効果拡大カードの枚数を抑え、コストが低減するスペルを多めに採用するに至ります。

■ プラン
ドラゴンやアグロロイヤルといった、フォロワーの体力を無視できる破壊手段を持たないデッキに対しては《ルーンブレードサモナー》を直接展開します。それ以外のデッキに対しては《次元の超越》と絡ませてプレイします。《次元の超越》は非常に強力なカードですがそのコスト故に扱いが難しいカードです。一番簡単な解決方法はマリガンでキープすることですが、初手が3枚のルールでいきなり18コストのカードをキープすることは安定性に大きすぎる影響が及びます。そこで先述した『コストで低減の連鎖』をここにも適用し、中盤に引いた《次元の超越》の育成を現実的なラインに落とし込みます。この連鎖をゲームの終了まで維持できれば、本来は役割の持ちにくい2枚目、3枚目の《次元の超越》さえプレイすることが可能になります。

■ 採用カード(一部)
《魔力の蓄積》
スペル低減カードに打てば常に0コスト。2枚の構築をよく見ますが3確です。

《マーリン》
シンプルに後発を確保しつつ、ヘイトを最大限に稼ぎます。
超越ループに仕込むこともでき、3確とまでは言わないものの引き出しの多いカードと言えます。

《ゴブリンマウントデーモン》
対アグロの中盤の受けを安定します。
スポンサーサイト



23:43  |  Shadow_verse  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/829-76d06cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |