//
FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2016.12/17 (Sat)

極限の闘技場【ノーコン】双極の女神3 ラードラ編

現在[20161217]最難関ダンジョンのひとつである「双極の女神3」の攻略編成の紹介です。
2016042017482427c.png

・・・

■ 編成
名称未設定 1
別ウインドウで開くと大きい画像になります

* 要件リスト
【覚醒バッジ】
「回復力35%アップ コスト-300」
【アシスト】
2 × 3ターン75%減(英龍の守り or みかわし)
1 × 宝石エンハンス(崇高のサファイア or 不屈のダイアモンド)
2 × 6色陣(オールドロップチェンジ or 前だけ見てろ or これは俺の戦いだ)
1 × 八相の暴圧
【潜在覚醒】
遅延耐性を最低各3個(対策:B1,B9,B10,B15,B19,B22)
闇軽減1個(B20:ゼロブラスト)
水軽減1個(B19:アブソリュートゼロ)
光軽減1個(B23:HP最大の状態から、75%軽減下で、光カーリーの150,096の攻撃を2ターン耐える)
その他の潜在覚醒は自由。僕のオススメはSec.編成の画像を参照。

■ 各レーダードラゴンへの対応
この記事を参考にする方はレダドラと対戦しようと考えた方の方が少ないと思うので、ハードルを下げておきます。
以下に各レダドラのHPと、Sec編成で紹介した編成での猶予ターンを示します。

【鍛煉神・ヘパイストス=ドラゴン】HP:7800万 猶予ターン:8
【聖舶神・ノア=ドラゴン】HP:3115万 猶予ターン:∞
【起源神・ガイア=ドラゴン】HP:3900万 猶予ターン:8
【全能神・ゼウス=ドラゴン】HP:7800万 猶予ターン:1
【暗黒神・ヘラ=ドラゴン】HP:3900万 猶予ターン:5(最大8)

次に軽く立ち回りを紹介します。
(この記事のメインは編成紹介なので深堀はしません。まともに書くとゼウドラ以外のレダドラそれぞれで記事が1本書けます)

【鍛煉神・ヘパイストス=ドラゴン】HP:7800万 猶予ターン:8
初ターンに15ターン遅延。毎ターンダメージが上昇していく行動を取ってきます。
何も考えずに火力を出していけば倒せるので、レダドラの中ではゼウドラの次に簡単です。
カーリー対面でカンナのエンハンスと欠損無しの盤面が必要になるので、カンナを使用する場合は出会い頭に使用しましょう。

【聖舶神・ノア=ドラゴン】HP:3115万 猶予ターン:∞
猶予ターン∞ということで、回復ドロップが枯渇しなければ負けません。
ノアドラの倒し方は2つあります。
・ 99ターン耐久して500万以上ダメージ無効を剥がした後にワンパンする
・ 頃合を見て3ターンかけて倒す(宝石エンハンス+英龍の守り)
確実なのは99ターン耐久ですが、現実時間で約50分かかります。
B8で出現した潜在覚醒たまドラと相談して決めるとよいでしょう。

【起源神・ガイア=ドラゴン】HP:3900万 猶予ターン:8
2400万の無効ラインを意識しながら削ります。
エンハンスターンの火力は貴重なので、2ターン合わせて70%は削りたいところです。

【全能神・ゼウス=ドラゴン】HP:7800万 猶予ターン:1
90%以上のHPが残っていると現HPの5倍のダメージを繰り出してくるので初撃で780万以上削ります。
そこさえ注意すれば宝石エンハンスで倒せます。

【暗黒神・ヘラ=ドラゴン】HP:3900万 猶予ターン:5(最大8)
最初の慈悲の息吹のターンに英龍の守りを張ります。
吸収されなければ楽ですが、最低試行回数4回は積むことになるので、どこかしら落ちコンがくる可能性は少なくありません。
吸収された場合は2枚目の英龍の守りがあれば猶予ターンを3ターン伸ばすことができます。

■ 後半戦の立ち回り
B19から強敵との連戦になりますが、B21で暴圧を使用することでスキルの溜めなおしを行うことが出来ます。
特にB21でベルゼブブが出た場合確定で闇カーリーを消費しますが、闇カーリーを1枚消費した状態でB22に臨むのは非常に危険です。
B19:ヴィシュヌ、イース、シヴァ、ウルズ
B21:ヘラ、アテナ、ベルゼブブ
B22:レダドラ


■ 雑感
①宝石エンハンス3.3倍
②3ターン75%カット2枚
③八相の暴圧
④カンナ
この4要素が非常に重要です。
覚醒ミニイシスは一見優れた選択肢に見えますが、操作時間延長がひとつなくなるため危険な選択肢であるとも言えます。

・・・

紹介は以上です。
では、良い闘技場ライフをお過ごし下さい。
スポンサーサイト



14:52  |  パズドラ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/834-ea008c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |