//
FC2ブログ
2018年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2018.02/22 (Thu)

シグマ零式踏破

最初の記事が2月下旬とは、今後の更新が危ぶまれます。
書くことがあるときに、気が向くだけ書いていきます。

・・・

1月30日、FF14紅蓮のリベレーターパッチ4.2がリリースされました。
いろいろと新要素が追加されましたが、戦闘民族の注目はやはり零式の実装。

キャプチャ

2/17(実装3週目)に踏破しましたので、それぞれのコンテンツについて振り返っていこうと思います。



■ o5s - 魔列車
過去最難関の1層と呼ばれていますが、実際には非常に簡単なコンテンツです。
魔列車のおもしろいところは、DPSチェックならぬギミックチェックではないかなと個人的には考えています。
1層のギミックは多少ミスってもゴリ押しでなんとかなるものですが、
魔列車では場外に落とされたり、客室に連れていかれてボスにダメージを与えられなくなったりと、
ギミック処理を正しく行わなかった場合のペナルティが1層にしては大きいのが特徴です。
細かいところでは、追突の距離減衰は最後尾までいけばダメージが0なのに対して、
中途半端な距離ではダメージが20000程度となっており、これは酸性雨(全体攻撃)とセットになると確定で落ちる数字です。
ギミック処理は零式の基本なんですが、1層だと思って甘く見てると痛い目にあいます。
おもしろい。

■ o6s - チャダルクデーモン
2層は2層らしい2層です。特に言うことはなし。
絵具は楽しかったですが、目の前にある絵具を拾うだけなので難易度は低いと思います。

■ o7s - ガーディアン
いよいよ3層から零式本番です。
時間切れを何度か目の当たりにして、死人が出なければいけるとか、新式を揃えようという話になったのは3層でした。
3層はタイムラインが分岐するので、体感的にギミック処理をするのが難しい上、
エアフォース以外のビブリオ、ダダルマ、オルトロスは準備をしてないと対処が困難なギミックであるため、
1人でも理解していないとワイプに繋がりやすいという難しさがあります。
ウィルスフェーズは初週こそ難解とされてきましたが、
エーテルロッドの受け渡しが
「孤独DPS→孤独DPS→孤独ヒラor灼熱ヒラ→ロットをもらってないヒラ→?」
というやり方が広まってからは、野良でも簡単になったんじゃないかなと思います。

■ o8s - ケフカ
鬼DPSチェックのケフカさんです。
簡単なギミックを処理しながら最大限火力を出す能力が求められます。

■ o8s - ゴッドケフカ
エフェクトが派手です。
そんなに難しくはないかなと思います。

・・・

記事にしてみると、自分がどの層に対して思い入れが深いかよくわかりました。
今後は毎週消化を続けていき、余った時間で絶バハの攻略をしていきます。
シグマ攻略中の方いましたら、頑張ってください。応援しています。
スポンサーサイト
16:34  |  FF14  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://paroro02.blog111.fc2.com/tb.php/898-1e4dd7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |